抗加齢医学会@大阪 健康に一番いいのはヨガだった???

先週末は、大阪で行われた、抗加齢医学会総会に行ってきました😄
わたくし、🤓🤓抗加齢医学会専門医🤓🤓でもあります。

この学会は、私の専門の形成外科、美容、皮膚科だけでなく、内科、外科、眼科、整形外科、歯科・・・、医師だけでなく、様々なジャンルの方々の集まりで、いつもと違った角度からの健康や美を考えるきっかけとなる、とても有用な学会なのです🧐

最近私が注目しているのが、『統合医療』

統合医療とは、近代西洋医学を前提として、これに補完・代替療法や伝統医学等を組み合わせてさらに生活の質を向上させる医療であり、医師主導で行うものであり、場合により多職種が協働して行うもの
だそうです🤔🤔

・・・❓❓❓❓❓

いわゆる、民間医療なども含まれますので、怪しい、と思われる方が多いと思います。
あくまで西洋医学を前提として、ですので、一部の資格を持たない者や、偏った思想の者が行って、事故や病気の進行を招いていることが、ニュースで取り上げられていることが原因と思われます。

要するに、近代西洋医学のおかげで、寿命は伸びたけれども、はたして、健康寿命はどうなのか?超高齢化社会における医療費高騰の問題もあり、予防医学への関心が高まっている、というわけです。
もっと言えば、高齢や病気の方だけでなく、我々もはたして、本当に健康で幸福と言えるか⁉、というところです。

みなさんも、病院に行くほどではないけれど、特に検査しても異常はないけれど、なんとなく、疲れが取れない、どこかが痛い、眠れない、ストレスがたまる・・・など、の不定愁訴はあるでしょう。

私は常々、健康や若々しさ、美しさは、一長一短に手に入るものではなく、日々の積み重ね、その人の丁寧な生き方や精神の健全さなど、全てが関係していると思っています。


こちらは、その講演の中で紹介されたものですが、とてもよく概念を表していると思います。
適度な運動、食事、自己実現、生活環境、人間関係、精神性、心と身体の関係、など、広く考える必要があるのです。

アメリカでは医療費が高いので、自身での予防意識が高く、このような考え方が広まっているそうです。(とはいえ、ある程度経済的に余裕のある層なのでは、と思ってしまいましたが)

 

そして、私が一番驚いたのが、

一番行われている治療が、なんと、『ヨガ』だそうなのです😲😲

慢性疼痛、うつ、ガン、ストレス、(胃腸の不調はまずは栄養ですが)など、様々な治療の一環として、ヨガが優先的に行われているそうなのです。
ですから、このような施設では、医師だけでなく、マッサージ師や栄養士、瞑想やヨガインストラクター、点滴を刺すプロもいるそうです。そして、患者と医療従事者はパートナーであり、謙虚に道筋を立てる存在、だそうです。

私も、医師として、皆様に若さや美しさを維持していくお手伝いをさせていただいていますが、ある程度の限界を感じているのも事実です。
外見に自信がつくことで精神面にもよい影響をする、というだけでなく、内面からの若さや美しさ、健全さにも興味を持っています。
まだ勉強し始めたばかりの分野ですが、少しづつ診療に生かしていけたらと思います😊