ニキビ

Featureニキビ

ニキビ

ニキビを放置すると、何度も繰り返しニキビになったり、その後もニキビ跡に悩まされることがあります。

早い段階で適切な対応をしてニキビのできくにい肌に導きましょう。

塗り薬、飲み薬の処方だけではありません。ニキビ肌のスキンケアから、最新の治療法まで、ニキビの原因やあなたの肌状態を見極め、治療を行います。

ニキビ跡にならないよう、キレイに治していきましょう。

症状と治療について

~ニキビのメカニズム~


ニキビは毛穴にできます。毛穴の皮脂が過剰に分泌されると皮膚の最表層の角質が分厚くなり(角栓)、毛穴が狭くなります。そのために毛穴に皮脂が詰まって、まず白ニキビや黒ニキビを作ります。 専門用語では白色面皰(めんぽう)、黒色面皰、またはコメドといいます。お肌がザラザラとした状態です。
ケミカルピーリング、外用剤などで、角栓を取り除く治療をします。




ニキビ菌(アクネ菌)は皮脂をお好み、酸素を嫌うため、このような角栓という蓋があって皮脂で充満している毛穴を格好の住処とします。その中でニキビ菌は増殖し、炎症を起こす物質を放出します。その結果、面皰は赤く盛り上がり、紅色丘疹、いわゆる炎症性ニキビへと進行します。もっと炎症が進むと膿を蓄えた膿疱となります。さらにひどくなると毛包が破壊され嚢腫となります。
ケミカルピーリングアオハル式プラズマクリアタッチ(光)、抗生物質外用などの治療をします。





このようにニキビは、毛穴の皮脂分泌過多と毛穴の角栓によるつまりから始まり、面皰、炎症性ニキビへと段階的に進んでいきます。
その後、赤や茶色のニキビ跡、もしくは皮膚に凹凸を残して治っていきます。



~ニキビの原因~


ニキビの原因は、皮脂の過剰分泌です。
思春期ではアンドロゲンと言われる男性ホルモンの分泌で皮脂が増えます。
きちんと洗顔しましょう。
大人では生活の乱れ、例えば睡眠不足や偏食、ストレスを抱え込む生活で起こります。
規則正しい生活が大切です。

また女性の場合、生理前に黄体ホルモンの分泌が増え皮脂の分泌を盛んになります。
生理前には、睡眠やスキンケアに気を配りましょう。
さらに間違ったスキンケアでもニキビが悪化します。何度も強くこすったりするのは良くありません。

~ニキビの好発部位~


毛穴、いわゆる毛包には3種類あります。脂腺性毛包、終毛性毛包、軟毛性毛包です。
ニキビは、このうちの脂腺性毛包に生じます。
脂腺性毛包は、顔や胸、背中に多く存在しており、そこがニキビの好発部位ということになります。
脂腺性毛包とは、皮脂を産生分泌する脂腺が房状に大きくくっついている毛穴で、生えている毛は細くて短く、あまり表面に見えないのが特徴です。
脂腺性毛包は、皮脂の分泌が多いのに、毛が細く短いため、皮脂が排せつされにくく、毛包に皮脂が貯留し、閉塞してしまします。よって、面皰・コメドが形成されやすいのです。
ちなみに終毛性毛包は、長く太い毛が生える毛穴で、毛の伸びと同時に皮脂は排せつされるため、ニキビはできません。髪の毛がそれです。軟毛性毛包は、脂腺が小さいのが特徴で、ニキビはできません。


ニキビには今や、いろいろな治療が研究開発されています。治療するときれいに治りますが、ニキビ跡は毛包が破壊され組織の構造が壊れてしまうため、直すことが難しくなります。ニキビのことを知って、きちんとケアしてください。


ニキビの治療紹介

各治療法のページにて施術フローもご覧頂けます。