抗加齢医学会専門医、更新しました!!!

昨年末に専門医の期限を迎え、滞りなく書類審査を通り、晴れて、抗加齢医学会専門医の更新をいたしました!!!

 

この学会は、私の専門の形成外科美容皮膚科だけでなく、内科、外科、眼科、整形外科、歯科・・・、医師だけでなく、様々なジャンルの方々の集まりで、様々な角度から健康や美、幸福までをも考える、とても有用な学会なのです

人生100年時代と言われ、超高齢化社会における医療費高騰の問題もあり、健康寿命をいかに伸ばすか、予防医学への関心が高まっています。

美容、健康、アンチエイジングの分野は、ビジネスという面においても注目されていますが、まだエビデンスが確立していないもの、誇大広告のようなもの、一時的な流行で終わってしまうもの・・・もあります。

専門家の間でも意見が統一していない、というか、いずれにしても一長一短ありますから、あまり偏った考えにならないよう、ストイックになりすぎて逆にストレスになっては本末転倒ですから、出来る範囲で取り入れればよいと思います。

適度な運動、栄養、睡眠はもちろんのこと、自己実現、生活環境、人間関係、精神性、など、広く考える必要があるのです

昨年は栄養食事やサプリメントに関してや、ホルモン補充療法などの勉強をしました。

非常に奥深く、まだ診療するレベルではないのですが、概要はつかめたと思います。

思います。

 

非常にざっくりまとめると、

マルチビタミン、ミネラル(特にビタミンBと亜鉛)

たんぱく質

女性は鉄(生理がありますからね)

腸内環境

といったところでしょうか。

 

特におもしろかったのが、悪夢はビタミンB不足が関係していたということ。

私はしょっちゅう

試験前なのに全く勉強していない、とか、旅行前なのに全く用意していない、とか、

戦争や災害で殺されそうになる(が、死ねない。)

というような悪夢を見ていたのですが、

そういえば・・・

ビタミンBをしっかり補充するようになってから、明らかに悪夢が減っている

 

今年は、自身の歯の噛み合わせ、顎関節症がもたらす影響について、知見を深めていきたいと思います。

私も、医師として、皆様に若さや美しさを維持していくお手伝いをさせていただいていますが、外からの介入では、ある程度の限界を感じているのも事実です。
外見に自信がつくことで精神面にもよい影響をする、というだけでなく、内面からの若さや美しさ、健全さにも興味を持っています。
まだ勉強し始めたばかりの分野ですが、少しづつ診療に生かしていけたらと思います