私の足の爪にガン?!と大騒ぎした件

先週、左足親指の爪の根本の甘皮のところに、黒い斑点が出来ました。

ぶつけたり、きつい靴をはいたりした記憶はありません。

 

とりあえず、爪が伸びるのを待ってみよう。

 

1週間たったところが、こちら。

爪の根本だけでなく、黒い爪が生えてきているではありませんか😮

 

主人(形成外科専門医)に見せたところ、『これは内出血には見えないよ』と。

 

我々の脳裏によぎったのは、😱😱悪性黒色腫、あくせいこくしょくしゅ😱😱

足の裏のほくろのガンとかで有名。

 

皮膚にできるガンはいくつかありますが、非常に悪性度が高く、手足にできたら切断、かなり大きく切除が必要で、しかも転移したり、命にかかわる、とても恐ろしいガンです🤯

 

というのも、私は他院で皮膚腫瘍の手術をやっているのですが、

ここ最近、立て続けに、2件悪性腫瘍❗の診断

(といっても、悪性度の高くない、ちゃんと手術すれば治るものです)

となった方がおり、

(規模の小さいクリニックですと、手術で悪性が出ることはめったにありません。

悪性疑いのものは最初から大きい病院に紹介します。)

『ついに私が、👿大ババ👿を引いたのでは??』

と、なぜか心配になってしまったのです。

 

こんなこともあろうかと、明治神宮で大金払ってお祓いしてきたので、大丈夫かと思いながらも非常に心配😰

 

いつもは冷静な主人が、ネットでいろいろ調べだして、

仕事休んでもいいから、がんセンターで診てもらったほうがいい、とか、→診てくれるわけない。

指切断を免れて、最小限の手術でやってくれる先生がいる、とか、

夏休みの旅行はキャンセルになるかもしれない・・・、とか

言い出して、ますます不安に😖

 

もうすっかり夜中なので、友人の皮膚科医にLINEしても、当然返事はなく・・・

眠れぬ夜を過ごしました(主人は良く寝てました)😭

 

翌日朝、出勤時の一番あわただしい時間に、信頼のおける皮膚科専門医の友人3人にLINE。

『 悪性黒色腫だったらどうしよう』

3人とも『内出血だと思うよ。甘皮の下に隠れてた内出血が爪が伸びて上がってきただけでは?』

なぜか、食い下がる私。

 

皮膚科専門医の見立てだと、内出血だという根拠として、

均一で、境界明瞭 → 確かに。

赤い → 写真だと赤いけどホントはもっと黒いのよ~😣

末梢に向かって一方向にしか伸びてない → 確かに。

爪が伸びるスピードで上がってこない → 確かに。だが、悪性度高いからこんなスピードで拡大??してるのでは?

 

確かに、そうだよな~。と、ホッと一安心しつつも、もう一つ、確信が得られない。

 

その辺の皮膚科に行っても、良くてこれと同じか、これ以下の回答しか得られないだろう。

 

結局、一人の皮膚科専門医の元へおしかけることに。

 

18Gの針で斑点のところをほじっていき・・・

爪の下から、血の塊?のような欠片を取り出し・・・

顕微鏡で覗くと・・・

血球こそ見えなかったものの、赤い、血を溶かしたような・・・

『ほら、言ったでしょ。血ですよ、血。』

→納得。

 

ほじって、斑点がなくなったところ。

 

家に、形成外科専門医が2人も居ながら、この程度です、トホホ😅😅

自分(身内も含め)のこととなると、冷静さに欠けてしまうのですね。

 

まあ、すっかり安心してよかった🤣

 

やっぱりオイシャサンはすごいな~😊