食いしばりにこそ、エラボトックスを!!

先日、食いしばりが強く、顎の痛みと疲れがひどいので、

ついに『エラボトックス』を打ちました。

 

例のごとく、自分で

私の場合、半年毎に打っているのですが、効果が一部切れてきたのと、まだ収縮が強いところがありました。

 

ストレスなどで食いしばる癖がある方はとても多いと思いと思います。

寝ている間にも食いしばっているので、起きたときに、顎が余計に疲れています。

日中も知らず知らずのうちに、特に仕事中や集中しているときに食いしばっていることが多いようです。

歯科の先生曰く、

『食事の時以外は、上下の歯は接していないのがよい』

のだそうです

気づいたら、口を軽く開けるようにしています。が、無意識下の場合は、どうしようもありません。

 

咬筋の収縮、緊張を弱めることにより

頭痛、肩こりの緩和

歯が割れるのの予防、歯ぎしりの予防

が期待できます。

 

歯が割れるのを予防するために、歯科でマウスピースを作りました。歯はガードされましたが、マウスピースを噛んでいるため、顎の疲れは改善しませんでした。このような場合はえらボトックスが有効なようです。

実際には、噛む力は側頭筋の割合のほうが多いので、えらボトックスだけでは改善があまりみられない方や、食いしばりにより頭痛がある方は側頭筋にも注射してもよいのかもしれません。

ちなみに、私の個人的な感想ですが、えらボトックスでは特に凝っているところに針を刺すので、鍼効果、といいましょうか、直後から鍼をやったあとのような効果を実感しています。肩こりボトックスでも同様の実感があります。

歯科でもボトックス治療を行っているところもありますが、我々は経験値が違いますよ~

 

治療についての留意点

1 施術時間
20分程度。
※部位によって異なります。

2 回数の目安
1~数回
※ 効果は3~6ヶ月持続します。(個人差があります。)

3 ダウンタイム
♦メイクをしてお帰り頂けます。
♦針跡が2〜3日残る場合があります。

4 治療に伴うリスク
♦注入部分に内出血を起こす場合があります。
♦効果の持続は3~6ヶ月で、その間引っ張られるような感覚を感じることがあります。

5 治療できない方
妊娠中、および産後6ヶ月以内の方 / ボツリヌス菌による食中毒既往のある方
/ 女性は、最終投与後2回の月経終了まで、男性は投与中及び最終投与後少なくとも3ヶ月は避妊してください。

治療価格の目安

定価
(税抜)
エラ
¥60,000