小柳院長ブログ

ビッグマック・ダイエット♪〜抗加齢学会④〜

また、抗加齢学会総会で聴いたお話④

ヒト・マイクロバイオーム研究の第一人者
スタンフォード大学
ジャスティス・ソネンバーグ先生
エリカ・ソネンバーグ先生ご夫妻のご講演ラブグッ
ご夫妻の著書
「腸科学」

もちろん読んでますウインク
{E6C9FFA5-E25B-47A8-956A-0208865FED45}

お話は、最初から最後まで印象的おねがい

ほんのちょろっとだけブログします。
腸内の微生物相をマイクロバイオータと言う。
マイクロバイオータを持たないマウス。
その腸の粘膜層は、とても薄いの。
この粘膜層は、有害な菌が血液内に侵入するのを防ぐ、とても大切なところよ)
ところが、腸内細菌にさらされると、粘膜層が厚くなるんですって。
マイクロバイオータ、大切なんです。
そのほかにも、
がん・糖尿病・アレルギー・自閉症・炎症性腸疾患などにも、重要な役割を果たしていることが研究により明らかにされてきた。
マイクロバイオータが不健康だと、自己免疫疾患や癌を発症する恐れがつよまる。

ということです。。。
しかし❗️
現代社会では、その大切なマイクロバイオータ自体の健康が脅かされているの。
・食生活(高カロリー、かつ、加工されまくった食品の大量摂取)
・生活習慣(抗菌された空間に住み、抗生物質を乱用)
これではいけない。
マイクロバイオータの元気と、多様性を取り戻さなければ!!!
やくだつ方法  2つご紹介
有益な微生物をたくさん食べる。
プロバイオティクスを摂取する。
ヨーグルトとかピクルスとかキムチなどの発酵食品ね!
日本人ならお味噌や納豆かしら。
さらには、家の中でペットを飼うとか、家を殺菌消毒しない。なんてことも効くそうです。
食物繊維の摂取を増やす

野菜・果物・豆類・未精製の全粒穀物 が豊富な食事のこと
ソネンバーグ先生は、「食物繊維」っていう言葉は不正確だから「マイクロバイオータが食べる炭水化物Microbiota Accessible Carbohydrates(MAC)と呼ぼう。と提唱。
つまり、、、
「ビッグマック・ダイエット」
なの爆笑爆笑
もちろん冗談ていうかエスプリねウインク
だって、マイクロバイオータがよろこぶお食事は
 
・肉の摂取量を減らす
・飽和脂肪酸の摂取を減らす
ですからね。
ということは、わたくしのこの輝く笑顔は、、、
{F848E546-A065-4ABE-ACC0-702F9E2256A6}
わたくしの腸の中のマイクロバイオータちゃんたちにとっては悪魔の微笑みってことねバツレッドチュー

さてMAC 穀物といえば、何と言っても「大麦
わたくしここ数年、「大麦食品推進協議会・大麦サポーター」やっております。
わたくしのお台所のストック棚は、常にこんな感じ100点丸レッド
{65FB887B-CBC3-4A92-AD14-48CC08EDEFA5}

{55E74EE6-E65C-470A-A4D9-7475CD3F5B49}

《おさらい》

ソネンバーグ先生「腸科学」
ほんとにオススメの1冊です!

コリンさん「あなたの体の9割が細菌」
(昨年11月にブログでご紹介) も、あわせて読みたい!

ハハハハッ(≧∇≦)〜抗加齢学会③〜

引き続き、抗加齢学会総会のレポート

その③   笑いの抗加齢
【福島県立医科大学 大平哲也先生】
笑うことは健康にいいとか、心にいいとか、経験的には分かりますよね。
それが最近、科学的に証明されてきたの。
笑うと、、、
・コルチゾール値が下がる
・ナチュラルキラー細胞活性が上がる
・リウマチの痛み改善
・アレルギーの改善         等
高血圧や高血糖などの生活習慣病や、脳卒中、虚血性心疾患や認知症などの予防ができるかも!
なんですって。
ということは、長寿にも貢献するはず!
アメリカで大リーガーを対象に調査したところ、
・笑う選手爆笑の寿命79.9歳
・笑わない選手えーの寿命72.9歳
だったんですって!
以下、文字通り「笑っちゃう」データが。
なんと、、、
・収入が多い人はよく笑う
     左矢印右矢印
・よく笑う人はお金持ちコインたち
これ、有意なデータがあるんですね!
ニワトリタマゴ、どっちが先なのかしら〜爆笑
もうちょっとディテールのデータ
・仕事を持っていて、お金もある人は、よく笑う
・男性♂は、妻がいて、お金があるほうが、よく笑うウインク
 (妻がいないと、笑わないチュー)
・ところが、女性♀の場合、夫がいようがいまいが、お金さえあればよく笑う爆笑爆笑笑い泣き
・生涯の伴侶選びは、笑いのツボが合う人っていうのが必須らしいウインク 
今頃知っても、もう遅い?爆笑 あら


そして、、、
・笑いはEDに効く!
暗〜い深刻な映画を観ると「萎える」。一方で、笑える映画を観た後は「元気」なんですって〜〜。
・15分笑うと40キロカロリー消費
でも15分笑うって、、、このダイエット法は無理ね口笛
なおヒトは、笑う時、1秒に「ハ」を平均4回言うそうです。
若者は「ハ」の回数が多く、老人は笑うスピードが遅い(水戸のご老公さま、、、)
・たくさん野菜サラダを食べて、たくさん歩いてランニング、仕事をしている人手は、よく笑えるOK


なるべく笑って過ごしましょうね!
面白がって自然に笑わなくても、
意図的にでも「笑う」という行為自体が、大事みたいですよ。
さて、この抗加齢学会総会の会場でも、
出店している本屋さんで「美肌の王道」を発見目チョキ
ありがたい!
{169F841A-6441-477D-8132-904B2B47CAE7}

おもわすロビー中に響き渡る声で「ワッハッハ〜〜」って笑、、、うわけにもいかず、

にやにやしながら次の講演部屋へ移動しました照れ

ハダカ・デバ・ネズミ 〜抗加齢学会②〜

先週2つ学会に参加しました、の続き

抗加齢学会」のほうの総会レポート

その②  臓器が、記憶する
【慶應義塾大学 伊藤裕先生】
まず登場したのが
Naked Mole Rats
ハダカ デバ ネズミ
初めて知りました!
{1EA1CA8B-DA9B-4882-9FE4-E01A8A007C88}

(写真はネットから引用)

裸で出歯、、、そのまんま
正直、見た目はかなりだけどチュー
このネズミすごく強靭なのキラキラ
長寿
ガン耐性
低O2(酸素)耐性
ハダカデバネズミは、30年近く生きる。「ゾウの時間、ネズミの時間」、、、げっ歯類としては、驚異の長寿です。
それなのに、なんと、ガンが発見されたことがない。
さらに、無酸素で18分間生きたという記録もある。
驚くべしびっくりびっくりびっくり
尊く見えますラブ
その秘密が知りたい。


ヒトの老化研究にとって、大事な研究材料だというのがわかります。
前置きはさておき、
伊藤先生のご講演は「エピジェネティクス」のお話などで、とても難しかった。
結論は
生命活動の履歴は、臓器に書き込まれるとも言える。
これを「臓器の記憶」といいます。
おそらく、、、パソコンに例えると、
「臓器がメモリーで、そのデータが、DNAというハードディスクに保存される」
ということなのかと。
例えば「塩分メモリー」や「メタボリックメモリー」
高血圧や高血糖がつづくと、エピゲノム制御を介して、遺伝子に刻印されてしまうらしい。
だから、高血圧とか高血糖とかは、なるべく速やかにコントロールしないといけない。
臓器にとって悪い記憶は、さっさと消去してDNAに保存されないようにすべき。
「嫌な記憶」が、トラウマになって拭い去れなくなるようなものねガーン
生活に支障が出るまで、頑として食事療法や運動療法を拒む方がいますが、後悔先に立たずです!
後からでは、慌ててコントロールしようにも、残念ながら「予後不良」ということなのです。
逆に、いい記憶は、早めに定着をはかるのがアンチエイジングの要諦。
また、伊藤先生は、以下のようなこともおっしゃっていました。

「ゲノムエイジング対策には、カロリー制限や絶食がよい」

「メタボは腸から。高脂肪食が腸の炎症を引き起こし、さらには肝炎にいたる」
お食事気をつけましょうね!
海藻、緑黄色野菜をたっぷりたべて、糖質の摂り過ぎはご法度。
タンパク質はしっかり摂取でね。
、、、わたくしも今日、毎年恒例の人間ドックでした。

さらに自分を律して行こう!
改めて思いましたグーウインク


わたくしの自律は、禁酒とお菓子カットで〜す。