小柳院長ブログ

72時間勉強漬け 美容医療講座@バンコク

タイ バンコク

3日間の美容医療コングレスに参加してきました!

タイは美容医療が急激に伸びていて、韓国のように美容医療インバウンドを増やしていると聞いたので興味津々😮

特訓コングレス

色々な手技や、美容への取り組みが勉強できるので、スーパーハードスケジュールでしたが頑張って参加して来ました。

 

主催は、韓国とタイのドクターのみなさま

参加者は、広くアジア津々浦々から集まったドクターたち。

 

Day 1

@シリラート病院(Siriraj Hospital)

タイ最大の、歴史ある病院。

外来の様子もちょっとうかがいながら、コングレス会場に行きました。

患者さんが多すぎて、廊下にもストレッチャーをベッドにして点滴を受けている患者さんがズラーっと並んでいました。

所変われば医療事情も随分違う。

 

初日は少人数特別カリキュラム

朝9時から座学

 

お顔の解剖に始まり、

ヒアルロン酸注入、スレッドリフティング、ボトックス注射などのテクニックの講義。

 

いつも診察室で愛読している教科書のオーサーの先生の4人うちのお2人にお会いできて、休み時間にサインをいただきました😊

 

延世大学 解剖学教授のHee-Jin Kim先生

 

そして美容外科医のJisoo  Kim先生

向かって右側の先生。  左側の先生は双子のご兄弟だそう😃

午後からは、ハンズオンセミナー

この病院は教育機関でもあるので、外国人のわたくしも、タイの方に治療ができるの!

 

ここでは、お二人の方を治療しました。

夕方

さらに場所を変えて、午後8時までみっちり勉強。

クタクタになりました〜。

修了証をいただき、初日を終えました。

Day 2

@Chulalongkorn University

チュラーロンコーン大学

言わずと知れたタイ国立ナンバーワン大学の医学部へ。

とても広くて立派なキャンパスなので、ちょっと迷いながらどうにか到着。

この日は、数百人参加のGALAA(Global Association of Leaders in Aesthetics & Anatomy)という巨大コングレスでした。

 

朝9時から夕方6時まで聴講🧐

ヘトヘト😅

 

ご一緒した日本の先生方と記念撮影。先生方がいなかったら絶対にくじけてた。

色んな国のドクターに、自国語で話しかけられました。

日本人とは思われてなかったみたい😅

ぺったんこ靴なのにやけに背が高いからかしら😄

 

会場の様子。。。

他の国の美容医療のお話が聞けて、すごくためになりました。

必ず取り入れたいこともあったし、逆に賛成できないこともあったし、いずれにしても大変刺激を受けました!

 

とりわけ、ヒアルロン酸注入の部位や量などについては、感覚の差を感じました。

私はナチュラル志向ですので、いかにも「ヒアルロン酸注射してます!」っていう方法には賛成しません。

 

でも、ただ反対するだけでなく、自分の中で消化して診療に活かすぞ✊🏻

 

Day 3

昨日に続いて

@Chulalongkorn University

最終日は、Cadaver workshop(解剖の勉強)

朝9時から夕方5時半まで、顔面の解剖をさせていただきました。

ご献体に心から感謝です。

 

ヒアルロン酸注入でもボトックス注射でもスレッドリフトでも、医師が顔面の解剖を熟知していることが、本当に大事なのです。

なのでわたくしは、解剖実習に定期的に参加するようにしています。

でも〜国内では解剖は医学生にしか機会がないの。だからこうして海外にでるのです。

 

最後に

解剖をご指導くださった先生方と記念撮影。

こちらでも修了証を頂戴しました。

怒涛の3日間でしたが、知識のアップデートと技術のブラッシュアップが出来ました!

 

アオハルで発揮します😊✋🏻

 

日本舞踊の美しさに衝撃を受けた日

ご縁をいただいて、

日本舞踊の師範の方のお話を伺いました。

@西麻布

 

予想以上に感銘を受けました!

講師は、27歳の超才媛。日本舞踊家で、東京藝大博士課程の

宇津木安来(うつぎ・あんら)さん

先日も歌舞伎を観劇したばかりですし、京都のお茶屋さんで、舞妓さんや芸妓さんの踊りは見たことがありましたが、

本当の『身体芸術』として日本舞踊を間近で見たのは、もちろん初めて。

 

何とも言えない妙なる身体の動きに、ぐ〜っと吸い込まれました😮😮

完全に虜です!

 

安来さんは、

幼少期はアメリカ

ロシアのバレエ団にいらして

11歳から藤間流の厳しい道に入られて、18で師範になられたそうです。

 

お若いのに、物怖じしない。

“軸”のある強さ溢れるトーク。

これから間違いなくメジャーになられる方ですね☄️

 

安来さんは、藝大でモーションキャプチャーを用いて「体幹部」の技法分析をしているの。

何百年も続く伝統芸能の“美”を可視化するという研究。

これからの世代の後進の指導を合理化できる可能性につながります。

 

とはいえもちろん安楽さんは自らを厳しく戒めておられて、

芸の奥深さを全て可視化できるものではない。というか、可視化すればするほど奥深さが理解できるようになる。

とおっしゃっていました。

 

はー、お若いのになんでこんなに悟っておられるのかしら

 

 

美容医療の学会でも「美しさの数値化」に挑んだ研究は、多数あるんです。

でも、そのデジタル的な世界に、現実のお顔やお肌を当てはめて治療しようとしても、うまくいかない。

たとえば、、、大量にヒアルロン酸を注入したあげく、写真(2次元)だけで見て「ほら若い頃と頬のラインが同じでいいですね」と言われたものの、どうしても納得いかない、実に不自然な、というかイビツな形に陥っている。

こういうお話は、いまのデジタル情報の多くが2次元で完結してることも理由のひとつだと、わたくしは考えています。

その限界をわきまえずに過信すると、医師の独りよがりの治療になりかねない。

 

 

わたくし、美容皮膚科医として

2次元の美しさの追求(シミを取るとか)

3次元の美しさの追求(毛穴を目立たなくさせるとか)

4次元の美しさの追求(笑いジワを抑制するとか、もっと長い時間軸で考えて30代の美、50代の美、70代の美とは、など)

いつもいつも、ずーっと考えて続けてきました。

 

今日は、自分とはかけ離れた日本舞踊という世界に初めて触れましたが、

そこで『4次元の美』について、改めて考えさせられました。

本当に有意義でした。

あ〜〜、日本舞踊習いたいな〜

わたくし、洗脳されやすいの😜

 

大女優 沢口靖子さんに感動!

土曜日のアオハル記念イベントの感謝の思いそのままに

翌日曜日は、イベントに登壇してまいりました。

 

朝日新聞社さま主催、ロート製薬さま協賛

「私のままで、美しく」

– 50 years young –

@品川グランドホール

スペシャルゲストは、

女優の沢口靖子さん✨

 

とてもとても美しい、これぞまさしく現代の国民的女優。

控え室でご挨拶😃✌️

『美肌の王道』をお渡ししたところ、それは優しい笑顔で対応くださいました。

 

で、イベント後に、沢口さんのお仕事現場(ロートさんのCM撮影)を見学させていただけることになったんです。

 

これが本当に、拝見できてよかったの。

 

沢口さん、ベテラン大女優さんなのに、一切、甘えも手抜きもなし。

すごい集中力で、クオリティへの妥協をまったくしない。

 

なるほどなあ。。。

圧倒的なオーラは、キッチリとした仕事への姿勢から生まれていたのですね。

 

主演なさっている超人気ドラマ「科捜研の女」は、19年も続いている😲そうですが、それも納得です。

「継続は力なり」

努力と真摯な姿勢あるのみなんだなと思いました。

 

話が飛びますが、、、

わたくし、ゴルフ好きなので、、、

ゴルフ界の元・絶対女王の不動裕理プロは、朝から晩まで同じ番手のクラブをずーっと飽きることなく練習をすると聞いたことがあります。

 

「続ける!」ことができる人が一流になれるのですね

 

努力できることが才能であり、運である、と言っちゃえばそれまでですが、、(笑)

 

わたくしも、医師としてもアオハルの院長としても、地道に努力を続けようと誓いを新たににいたしました。

 

 

さて、イベントの話に戻ります。

わたくしは、山本浩未さんとのトークセッションに出演させていただきました。

(控え室での写真)

メディアでお馴染みのヘアメイクアーティストの山本さん。

とっても気さくで、歯に絹着せぬ軽快なトーク😊

おかげでトークセッションは楽しく盛り上がりました。

 

わたくしのお話しのキーワードは、

「ウェルエイジング、更年期、顔のたるみ、笑顔」

です😊

詳しい内容は、後日記事になるそうですので、またブログでもご紹介しますね!

 

 

司会のアナウンサー八木早希さんと控え室で