72時間勉強漬け 美容医療講座@バンコク

タイ バンコク

3日間の美容医療コングレスに参加してきました!

タイは美容医療が急激に伸びていて、韓国のように美容医療インバウンドを増やしていると聞いたので興味津々😮

特訓コングレス

色々な手技や、美容への取り組みが勉強できるので、スーパーハードスケジュールでしたが頑張って参加して来ました。

 

主催は、韓国とタイのドクターのみなさま

参加者は、広くアジア津々浦々から集まったドクターたち。

 

Day 1

@シリラート病院(Siriraj Hospital)

タイ最大の、歴史ある病院。

外来の様子もちょっとうかがいながら、コングレス会場に行きました。

患者さんが多すぎて、廊下にもストレッチャーをベッドにして点滴を受けている患者さんがズラーっと並んでいました。

所変われば医療事情も随分違う。

 

初日は少人数特別カリキュラム

朝9時から座学

 

お顔の解剖に始まり、

ヒアルロン酸注入、スレッドリフティング、ボトックス注射などのテクニックの講義。

 

いつも診察室で愛読している教科書のオーサーの先生の4人うちのお2人にお会いできて、休み時間にサインをいただきました😊

 

延世大学 解剖学教授のHee-Jin Kim先生

 

そして美容外科医のJisoo  Kim先生

向かって右側の先生。  左側の先生は双子のご兄弟だそう😃

午後からは、ハンズオンセミナー

この病院は教育機関でもあるので、外国人のわたくしも、タイの方に治療ができるの!

 

ここでは、お二人の方を治療しました。

夕方

さらに場所を変えて、午後8時までみっちり勉強。

クタクタになりました〜。

修了証をいただき、初日を終えました。

Day 2

@Chulalongkorn University

チュラーロンコーン大学

言わずと知れたタイ国立ナンバーワン大学の医学部へ。

とても広くて立派なキャンパスなので、ちょっと迷いながらどうにか到着。

この日は、数百人参加のGALAA(Global Association of Leaders in Aesthetics & Anatomy)という巨大コングレスでした。

 

朝9時から夕方6時まで聴講🧐

ヘトヘト😅

 

ご一緒した日本の先生方と記念撮影。先生方がいなかったら絶対にくじけてた。

色んな国のドクターに、自国語で話しかけられました。

日本人とは思われてなかったみたい😅

ぺったんこ靴なのにやけに背が高いからかしら😄

 

会場の様子。。。

他の国の美容医療のお話が聞けて、すごくためになりました。

必ず取り入れたいこともあったし、逆に賛成できないこともあったし、いずれにしても大変刺激を受けました!

 

とりわけ、ヒアルロン酸注入の部位や量などについては、感覚の差を感じました。

私はナチュラル志向ですので、いかにも「ヒアルロン酸注射してます!」っていう方法には賛成しません。

 

でも、ただ反対するだけでなく、自分の中で消化して診療に活かすぞ✊🏻

 

Day 3

昨日に続いて

@Chulalongkorn University

最終日は、Cadaver workshop(解剖の勉強)

朝9時から夕方5時半まで、顔面の解剖をさせていただきました。

ご献体に心から感謝です。

 

ヒアルロン酸注入でもボトックス注射でもスレッドリフトでも、医師が顔面の解剖を熟知していることが、本当に大事なのです。

なのでわたくしは、解剖実習に定期的に参加するようにしています。

でも〜国内では解剖は医学生にしか機会がないの。だからこうして海外にでるのです。

 

最後に

解剖をご指導くださった先生方と記念撮影。

こちらでも修了証を頂戴しました。

怒涛の3日間でしたが、知識のアップデートと技術のブラッシュアップが出来ました!

 

アオハルで発揮します😊✋🏻